脱石鹸・脱シャンプー

私の加齢臭についての経験です。 私は若い頃から自然派思考が強かったです。 そのため、20代のとき、脱石鹸・脱シャンプーに手を出しました。 その後産まれた子供がアトピーで皮脂が非常に少ない子だったこともあり、 脱石鹸・脱シャンプーはそのまま続けていました。
その後40歳手前で白髪染めを始めたため、脱シャンプーは難しくなりましたが、 脱石鹸の方は肌に特にトラブルもなく、快調なため継続していました。 しかし、42歳になったころから、 背中や首など皮脂が多い部分を手で触ると なんとなくベタついてにおうものが付着するようになったことに気付きました。 おそらく皮脂なのでしょう。 以前はお湯で流すだけで快調だった肌が脂っぽくなり、 冬でも、一日お風呂に入らないとかゆみが出てきます。 また、以前は自分の肌自体の匂いは気になるものではなかったのですが、 最近はなんだか中年男性のにおいを感じます。 自分で自分のにおいが気になるようになってしまい、 今は毎日ボディーソープの泡で洗うようになりました。 これが加齢臭なのだろうと思います。