成人式を迎えてから、初めて新型コロナウイルスにかかってしまったときの話

私は1月10日に成人式を迎え久しぶりに友人と会い同窓会を開きました。
その日はすごく楽しかったのですが、二日後に激しい咳と鼻水の症状が出てしまい、後日内科へ診察へ行ったところコロナウイルス陽性反応ということでした。
自分の身近にかかっている人がいなかったので実感はわきませんでしたが、症状がすごくひどかったので入院までに至りました。
高熱で幼稚園の時以来高熱を出したことがなかった私はすごくしんどかったとともに精神的に参ってしまいました。
私は日頃からウエイトトレーニングを行っているのですが、トレーニングはしたくてもできません。
好きなことができない日々、運動が日常から消えてしまうと考えると思い出したくもないですがすごく良い経験になったと思います。
しんどかった思いはありましたが、今後どうゆう風に生活をしていけばよいか注意喚起になりましたし日頃元気に過ごせていることがどれだけありがたいことなのか、再確認することができました。
元気でいられることは当たり前ではありませんし、現在もすごく流行っているコロナに苦しめられている人も現状たくさんいらっしゃるので今後はかからないとともに、周りの人へも気を配れるよう配慮していきたいと思います。
特に私の身の回りの友人や知人がコロナにかからなくてよかったです。
今後はいつも通り元気に過ごしていくとともに健康をいつも以上に意識してが様々なことを頑張っていきたいと思います。