双極性障害にはどのような治療があるのですか?

双極性障害は、早期に正しく治療を開始すれば、症状を抑えて普通の生活を送ることができる病気です。
ここでは、その治療法について見ていきましょう。
双極性障害の治療の目的は、躁状態やうつ状態から回復し、再発を防ぐことです。再発するたびに次の再発までの期間が短くなり、病状が悪化するため、再発を防ぐことが最も重要です。
再発予防には、薬物療法と心理社会的治療が行われます。
薬物療法
双極性障害、特に双極性I型障害の薬物療法は、長期間にわたって継続することが必要です。
薬物療法には気分安定薬や抗精神病薬などがありますが、最も重要なことは病気を受け入れ、服薬を継続することです。
病気を受け入れ、薬を飲み続けることで、症状を安定させ、コントロールし、社会復帰を目指すことが最も重要です。
気分安定薬は、双極性障害の躁状態やうつ状態の治療や予防に有効で、双極性障害の薬物治療の基本となっています。
躁状態の治療には、気分安定薬と併用して抗精神病薬が使用されます。

心理教育=患者さん自身が病気について知り、正しく理解することで、病気を受け入れ、コントロールできるようになることが目標です。
そのため、病気の初期段階での心理教育が非常に重要です。
例えば、「睡眠と気分の記録表」に日々の気分や症状を記入することで、自分の症状を客観的に見ることができるようになります。
双極性障害でも楽しく生きるジョーくんのブログ|双極ブログ