スマホは大きいサイズかコンパクトサイズどちらがいいのか?

スマホを選ぶときに決め手の一つになるが本体サイズの大きさです。
基本的には、大画面がいい人はスマホサイズは大きくなりますし、持ちやすいサイズだとコンパクトサイズになります。
大きいサイズは、メーカーも色々工夫をしていて大画面だけ軽くて薄いので持ちやすいスマホをリリースしているところもあります。
持ちやすいといっても基本的に本体サイズが大きいので片手で操作はほぼ無理ですけどね。
コンパクトサイズは持ちやすく片手で操作ができるスマホもあります。
ポケットに収まるので持ち運びに便利です。
ですが、コンパクトなのでディスプレイサイズは小さくなります。
ノッチをパンチホールにしたり、ベゼルを補足して画面占有率を高くしてディスプレイサイズを大きくしていますが限界があります。
どちらも一長一短があります。
ディスプレイサイズは大きいほうがいいのか?小さい方がいいのか?どちらなのか。
これは、使い方や好みになりますね。
動画をよくみたりゲームをよくプレイする人は大きいディスプレイサイズがいいでしょうし、普段使いがメインの人や持ちやすさを重視する人はコンパクトサイズでしょう。
なので、スマホを選ぶときは本体サイズやディスプレイサイズを使いみちによって検討したほうがいいですよ。